2011年11月19日

11月15日『殆ど無い』

15日に愛すべき作り手、のぞみちゃんに呼んでいただいて
文学フリマで販売した雑誌『殆ど無い』のパーティーにお邪魔いたしておりました。
ちょっと遅くなってけれども、書きますね。

DSCF5004.JPG

関係者ばかりの中にひとり混ざってごめんなさい…
と思っていたら、以前こちらも文学フリマで販売のミニコミ『文学少女』
でお世話になった萩原さんとあわたゆかちゃんを発見!
DSCF5006.JPG

とても楽しいひと時でした☆ありがとう^^

ここで上の冊子を紹介。

『殆ど無い』
DSCF5038.JPG

「侵入」を特集テーマに、クリエイターインタビューや漫画、
オカルト映画の話、好きな女の子がほかの男とセックスしている現実を生き抜く方法など様々掲載。
なんといっても表紙がかわいい。
詳しくは『殆ど無い』主宰、のぞみちゃんBLOG

ほんとに素敵な人なんです、彼女。

ミニコミ『文学少女』
133246.jpg

本好きの女の子26人が各々お気に入りの一冊を持参して写っているポートレート集。
上の写真の萩原さんが撮影。のぞみちゃんがデザインをしています。
私ものぞみちゃんもあわたゆかちゃんも載っています^^
詳しくはこちらまで。

ちなみにあわたゆかちゃんは、あわたプロの代表さんです。彼女もかわいらしい作り手!カラフルな世界を作ってるよ。

美術専攻でもないのにこうやって沢山の作り手さんたちに出会えて
本当に仕合せやなぁ、と思う毎日です。
posted by 若林わかめ at 15:25| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

村上春樹

髪を切ってきました。
美容室で雑誌を渡されて初めて
「村上ラヂオ」はan.an連載だって知りました。

村上春樹の掴みどころのない文章のリズム、
結構好きなんです。
例えるならふわふわしているのに、漆黒の影をつくる物体みたいな。
あと海外の作家に精通してるのもいいですね。

村上春樹は群像新人賞の『風の歌を聴け』と
『ノルウェイの森』それから短編集を何冊か読みました。

おそらくふつうの方より村上作品を読んでないので、
あれこれとお話はできませんが、そんな中
ひとつおすすめをするならば「トニー滝谷」という短編。
を映画化した「トニー滝谷」(市川準監督、2005年)。

あれの世界観は、映像にしにくい村上ワールドを
かなり上手く表現できているんじゃないかな、と思います。
(批評をみたら結構賛否分かれていましたが)

そうそう、最近見て、まだ抜け切れてない
「リリイシュシュのすべて」(岩井俊二監督、2001年)
とすこうし似ているかもしれません。

またみたいな、トニー滝谷。

*リンク*
トニー滝谷の予告(youtube)



posted by 若林わかめ at 01:49| Comment(0) | たゆたう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

はじめまして。

もっと気軽に行った場所、やったことを
記録して行けたらなぁと思い、ブログ始めます。
綺麗な写真もくっつけられたらいいな。

今日は増上寺行ってたの。
いい天気だったね。
増上寺
posted by 若林わかめ at 01:35| Comment(0) | たゆたう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。