2011年11月23日

【映画】ジョゼと虎と魚たち

映画「ジョゼと虎と魚たち」をみた。
jyozeto.jpg

文章では一つの表現では一人のヒトのことしか基本的に描けない。
でも映像は同時に一人以上の感じ方が描ける、
改めてそれが素晴らしいことだと感じた作品だ。

作品内容にひとつだけ言及するならば
私は香苗(上野樹里)の立場には絶対になれないと思った。

やっぱり邦画の細やかな心の動きがすき。

ジョゼと虎と魚たち(2003)
原作;田辺聖子
監督;犬童一心
主演;妻夫木聡・池脇千鶴
予告編
【関連する記事】
posted by 若林わかめ at 14:23| Comment(1) | たゆたう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕はこの映画を観て、チョット寂しくなった。
Posted by Suzu at 2011年11月23日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。