2011年12月13日

きれいな流れ星もそれ自身が燃えているから見えるんだよね。ある意味とても残酷だ。

DSCF5088.JPG


大事にしている精神論がある。
人様の気持ちを揺らす物をつくりたいのなら、
その作品以上に私が揺れていなければいけない、というもの。
「本番は普段の80%しかでないから、日頃の練習から120%の力で」
と似ている気がする。尤も人に伝わるのはもっともっと低い50とか30とかそんな感じだろう。
だからこそ発信する私はひどく破天荒に生きざるを得ない。
結果を見てみると自然とそういう選択をしていることが多い。
いろんなプロセスを経てつくってる人がいるけれども、これがものづく理論。
posted by 若林わかめ at 00:51| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

たらこのおにぎり

おにぎりを買った。
小さなお米屋さんのつくっているおにぎり。
たらこのおにぎり。
タイムセールで80円だった。
コンビニより安い、たらこのおにぎり。
冷たかったけど、おいしかった。
お米がもちもちしていた。
手作りの味がした。
売り手と買い手の間で取引されるのは単なる商品と代金の交換じゃないと思うんだ。
ありきたりな言葉で言うと信頼感みたいなものなのかもしれない。
顔の見える距離感にはそれがある。

顔が見えるお仕事ってやっぱりいい。
私も顔の見えるお仕事をする人間でありたい。
顔の見える近さで作るつくり手でありたい。
自分の作品を見てくれるひとの顔がみたい。
見てくれた人とお話したい。

そうして一瞬でも多く、人とつながっていきたい。
それが作品づくりであろうとなかろうとね。
たらこのおにぎり。
posted by 若林わかめ at 00:42| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

眠れない夜はもしもドラッグストアーでパブロンが手に入らなくなった時のことを想像して怖くなったりしてみたりします。

DSCF5047.JPG

近くの特別支援学校の、学習発表会のポスター。
地味に気になるよね。
あの「もしどら」をやるんかな?
でもそうだったら「もしドラ」って書くんじゃない?
とかって考えだしたら、尚のこと気になったんだよね。
ラベル:もしどら
posted by 若林わかめ at 13:26| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。